「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーのフォワードを知ってより観戦を楽しむ7つのポイント

2016 7/22 20:59
サッカー・蹴る
このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー観戦で注目ポイントを知りたい方へ。 サッカーの一番の盛り上がりと言えば、ゴールシーン。中でもフォワードは前線で得点を取る存在で、特に注目しておきたい存在だ。 今回はサッカー観戦をより楽しむために知っておきたい、フォワードの注目ポイント7つを紹介する。

そもそもサッカーのフォワードって何?

サッカーのフォーメーションでは大きく、フォワード、ミッドフィルダー、ディフェンダー、ゴールキーパーのポジションに分けられる。その中でフォワードは、相手ゴールに一番近い最前線で得点を取ることが役割のポジションだ。 ゴールランキングにも上位に入る選手が多く、ゴールを乱発するフォワードは「ストライカー」と呼ばれてチームの顔となっていることもしばしば。一番の盛り上がりであるゴールシーンはもちろんのこと、相手守備陣の集中するエリアで激しいマークをかわしたり、ドリブル突破するなどシュートまでのプレーも見どころの一つだ。高い能力を持つ選手が多いので、サッカー観戦時にはぜひ注目しておきたいポジションだ。

フォワードに求められるスキルとプレースタイル

どのフォワードにも共通して求められるスキルは「高い得点能力」だ。相手ゴールに近いフォーメーションの最前線にいるため、当たり前だが威力の高いキック力、積極的にゴールを狙う姿勢が必要になってくる。また、ディフェンダーが近づく前に味方からのパスをシュートに繋げるトラップや、狙ったところにシュートできる精度など細かい技術も必要だ。 フォワードのプレースタイルはチームの方針によって異なり、それに合わせて起用される選手のタイプも変わる。カウンターを仕掛ける場合は、相手のディフェンスラインから飛び出す必要があるのでスピードの高い選手、パワープレー時にはポストプレーに対応できる身長が高くフィジカルの強い選手が起用される。

サッカーのフォワードのポジション1:センターフォワード

サッカーのフォワードの中でも基本的なポジションなのが、センターフォワードだ。テレビ中継やスポーツニュースなどメディアでは「CF」と略して表記されることもある。 最前線の中央付近に位置するポジションで、相手のゴールに最も近いため、チームの中で得点力の高い選手が起用されることが多くある。 多くのチームがフォーメーションにセンターフォワードを配置していて、よく「ワントップ」や「ツートップ」というワードを耳にすることもあるかと思う。その場合、ワントップはセンターフォワード1人、ツートップはセンターフォワード2人がいるフォーメーションを意味している。また、センターフォワード1人に対して、1つ後ろや両サイドに他のフォワードを組み合わせることもある。

サッカーのフォワードのポジション2:セカンドトップ

センターフォワードよりやや下がり目にポジションをとるのが、セカンドトップだ。略してSTと表記される。 セカンドトップを置くフォーメーションでは、センターフォワードとペアで起用されることが多くある。 主な役割としては、フォワードとして得点を狙う他に、センターフォワードとミッドフィルダーとの橋渡しすることを担う。そのため、得点能力はもちろん、高いパスやドリブル技術でゴールを演出することも必要となってくる。 また、センターフォワードと比べてセカンドトップは相手守備陣から少し離れているのでマークも弱くなる。隙あらばゴールを狙えるだけでなく、わざとディフェンスの注意を引き付けて攻撃の要であるセンターフォワードを活かすことも可能になる。

サッカーのフォワードのポジション3:ウイング

サイドにポジショニングをとるフォワードがウイングだ。略して「WG」と表記される。 主にフォワードを3人置くスリートップで起用され、中央にセンターフォワードやセカンドトップ、両サイドにウイングが置かれる。 主な役割としては、中央に比べてディフェンスの薄いサイドから攻撃を仕掛けること。ドリブル突破してクロスを上げたり、中央に味方がいなければ自ら中へ切り込んでシュートを狙う。 自陣からロングパスを受けることも多く、トラップしてから素早く切り込めるスピードの高い選手が起用されることが多いだ。

フォワードと相手守備陣との駆け引きに注目!

サッカー観戦時にはフォワードに注目してほしいが、その見どころはゴールシーンだけではない。フォワードと相手守備陣との対峙する中で、「オフサイドかどうか」にも注目してみてください。 オフサイドとは、反則の一つで、「相手陣地でディフェンスラインより先回りしてはいけない」というもの。そのため守備側は、あえてディフェンスラインを高めにすることで、相手のオフサイドを狙うオフサイドトラップという作戦を用いる。これに対して攻撃側のフォワードは、味方のパスに合わせて相手ディフェンスラインから飛び出す。先回りした選手にパスを出すのはオフサイドだが、パスを出してから先回りするのはオフサイドにはならない。 試合中にはこうした駆け引きが行われるのも見どころの一つだ。

サッカー日本代表でみるフォワード

ここまでフォワードについて基本的なことを紹介してきたが、イメージしやすいように日本代表のフォワード選手を見てみよう。 現在の日本代表でフォワードと言えば岡崎慎司。イングランド、プレミアリーグのレスターに所属しクラブ史上初の優勝を成し遂げた。 チームの顔でもある香川真司と本田圭佑はミッドフィルダーが得意ポジションだが、高い身体能力からフォワードに起用されることもある。 若手では柿谷曜一朗、武藤嘉紀、宇佐美貴史らがフォワードで、今後日本を背負うと期待されていて注目しておきたい選手だ。 また、過去には、ゴン中山こと中山雅史や、キングカズこと三浦知良なども日本代表でフォワードを務めていた。

まとめ

サッカーでゴールを担うフォワードを知れば、サッカー観戦もより楽しめそうだ。初心者の方は、まずフォワードに注目しておけば、盛り上がりポイントを見逃すことはない。また、ゴールシーン以外にもプレースタイル、ポジション、守備陣との駆け引きなど様々な見どころも満載だ。上級者の方もフォワードの動きを細かく分析してみてください。

以上「サッカーのフォワードを知ってより観戦を楽しむ7つのポイント」だった。

関連記事

おすすめの記事