「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーのディフェンスを知ってより観戦楽しむ7つのポイント

2016 7/22 20:55
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカーをより楽しみたいと思っている方々へ。 サッカーを観るためによりサッカーを知りたいと思っている方が多いと思う。サッカーにおけるディフェンスについてお伝えする。

ディフェンスってなに??

サッカーと一言でいっても、フィールド上にいる11名の選手にはポジションが与えられている。その中のひとつが「ディフェンス」だ。ディフェンスは最終ラインと呼ばれる自陣のゴール前で守備を中心に行う選手たちのことを指す。サッカーにはさまざまなシステムがあるが、例えば4-4-2ならばディフェンスは4名、3-4-3ならディフェンスは3名というようなシステムとなり、守備に特化しながらも攻撃にも参加する選手たちが多いだ。

ディフェンスの選手の役割 CB編

ディフェンスと一言でいってもその中にも種類がある。 まずはセンターバック。省略して「CB」と表記される。CBの選手はGKの前の位置にいることが多く、ディフェンスリーダーが求められる場所だ。GK(ゴールキーパー)と声掛けをしながらチーム全体のバランスを見て、他のディフェンスの選手たち=ディフェンスラインを統率する。相手の攻撃の予測をしたり相手の攻撃パターンを把握しスペースなどをみながら整える役目をしつつ、相手のエース級の選手にマークに付く。

おすすめの記事