「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

一度は行ってみたい!収容人数が多い日本にあるサッカースタジアム5選

2016 11/29 21:30
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界中で35億人をこえるファンがいるという、もっとも人気のあるスポーツがサッカーだ。日本でも1992年にJリーグが発足して以来、着実にファンが増えている。そこで日本各地にある、有名なサッカースタジアムを詳しく知りたい方に、収容人数の多い順に5つ紹介する。

横浜F・マリノスの本拠地!収容人数が日本最大の“日産スタジアム”

収容人数が日本最大規模、72327席もある巨大な“横浜国際総合競技場”は、横浜F・マリノスのホームスタジアムとなっている。日産自動車がネーミングライツを取得しており、日産スタジアムとしても親しまれている。巨大なスタジアムは7階建てとなっており、スタンド1階が駐車場、2階と3階が業務エリア、全体を見渡せる4階より上が観客席になっている。また日産スタジアムの周囲には、公園やさまざまなスポーツ施設がある。

浦和レッドダイヤモンズのホームグラウンド“埼玉スタジアム2002”

63,700人の収容人数を誇る“埼玉スタジアム2002”は、埼玉県が所有しているサッカースタジアムだ。2002年に行われた、日韓開催のワールドカップのために作られたスタジアムのひとつだ。日本国内のサッカー専用競技場としては、最大の収容人数を誇っている。周辺には都市公園が広がり、サブグラウンドが3面とフットサルグラウンドなど、サッカー関連施設も充実している。また芝生広場やレストランは、市民の憩いの場所として利用されている。

おすすめの記事