「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京ヴェルディの歴代ユニフォームを一挙紹介

2016 11/29 21:30
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://mainichi.jp

東京ヴェルディのこれまでのユニフォームのデザインを知りたいと思わないだろうか? 前身のヴェルディ川崎時代も含めて、ヴェルディのユニフォームがどのようなデザインだったのか紹介する。

東京ヴェルディの「ヴェルディ」とは緑を意味する

ヴェルディのチームカラーは、前身の読売サッカークラブのころから一貫して緑色だった。この「緑」はポルトガル語で「ヴェルディ」を意味し、今日に至るまでユニフォームのベースカラーとして親しまれてきた。クラブのロゴはコンドルを表している。
ロゴの文字はYOMIURI、FC NIPPON、TOKYO 1969、TOKYOと変遷してきた。ヴェルディのユニフォームは80年代の読売サッカークラブ時代のユニフォームは、胸にYOMIURIの文字プリントとロゴだけが刺繍されたシンプルなデザインだった。
ユニフォームサプライヤーはプーマで、初期は黄緑色、後期は深緑色をしている。初期ユニフォームの襟と袖口は赤、青、白色のトリコロールカラーをしており、これは親会社の読売新聞社の社旗をイメージしている。

Jリーグ草創期のユニフォームは「スイカ柄」

1993年のJリーグ草創期に全国的な人気を誇った時のユニフォームは、放射状の模様が描かれた通称「スイカ柄」。デザインの着想は「ゴッホ」から得たものとされている。襟は読売クラブ時代と同じクルーネック。ユニフォームサプライヤーもプーマからMIZUNOへと移り、胸と背中のスポンサーはコカコーラだった。
95年になると2代目ユニフォームが誕生。デザインは世界的デザイナー、コシノジュンコが手がけたことで知られ、ユニフォームの上下にわたって白と黒の放物線を描いたストライプが特徴だ。スポンサーも96年モデルはサントリー、ゲーム会社の「KONAMI」に切り替わった。
ほかにも、プレシーズン用にだけ作られたVの字が大きくデザインされたものや、97年はサプライヤーがNikeであるにもかかわらず、サプライ契約を結んでいないためにロゴが施されていない珍しいユニフォームも登場している。

おすすめの記事