「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

最後は1対1のサッカー勝負!PKの上手い選手をご紹介

2016 11/25 20:06
サッカー ペナルティーキック
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by feelphoto / Shutterstock.com

勝敗を決める最後の勝負であるPKがうまい選手を知りたくはないだろうか? ここでは、PKが得意な日本人の選手4人を紹介する。

“コロコロPK”が有名な元日本代表の遠藤保仁選手

まず日本人の選手で外せないのが、ミッドフィールダーの遠藤保仁選手ではないだろうか。遠藤選手は鹿児島出身の1980年1月28日生まれで、2009年にアジア年間最優秀にも選ばれている。かつては日本代表をつとめ、なんと日本代表出場回数は、歴代1位となる152試合も出場しているベテランの選手。その輝かしい記録と共に印象的なのが、彼がPK戦で繰り出す“コロコロPK”ではないだろうか。
力を込めて蹴る選手が多い中、ゴールキーパーの動きを見極め、反対側にコロコロと転がすキックが特徴だ。キーパーの裏をかくシュートは他の選手からも一目置かれていて、職人技と呼ばれている。Jリーグでの記録は34本中に30得点をあげており、88%の成功率を誇っていて歴代1位の得点数となっている。

“ミスターレッズ”と呼ばれるPK職人だった福田正博選手

現在はサッカー解説者として活躍している福田正博さんは、神奈川県出身の1966年12月27日生まれで、2002年に引退をした日本代表にも選ばれた元サッカー選手だ。現役時代はフォワードのポジションをつとめ、サポーターからは“ミスターレッズ”と呼ばれる人気選手だった。
PK職人と称されるきっかけになったのは1995年にJリーグ発足以来、日本人で初となる得点王を獲得した時にさかのぼる。なんと32得点のうち14得点をPKによってあげたことからで、その後も歴代2位となるPK26得点をあげた。PK成功率は76%とけっして高くはないが、自らペナルティーエリアで仕掛けてPKを得ることも多く、印象に残る選手となった。

おすすめの記事