「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

清水エスパルス歴代のユニフォームデザイン

2016 11/25 20:06
清水エスパルス エンブレム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 web.gekisaka.jp

これまでの清水エスパルスの歴代のユニフォームデザインを知りたいと思っている方のために、まとめを紹介する。

地図のデザインが特徴的な初代ユニフォーム

サッカー王国として知られる静岡県静岡市がホームタウンの清水エスパルスの創設は1992年。クラブカラーのオレンジの由来は静岡がミカンの名産地であることと、「喜び・希望・若さ・前進・元気」をイメージさせるというもの。記念すべき最初のユニフォームモデルはファッションデザイナーの阿部兼章が手掛けた。デザインコンセプトは「世界に羽ばたくクラブ」。スポンサーが「JAL」ということもあり、前面に世界地図のデザインを配した特徴的なものだった。

清水エスパルスのユニフォーム 衝撃の1993年モデル

1996年までは初代デザインの特徴である地図グラフィックをメインに、配色や生地を替えるなどのマイナーチェンジが続いたが雰囲気が変わったのは1993年のモデル。白地に直線と円形が大胆に配置され、胸部と腹部でデザインを切り替えしためずらしいデザインだ。チーム名が大きくレイアウトされたこのユニフォームは1年で着用が終了、継続モデルは中央のオレンジ色の世界地図はそのままに、白ベースの配色に変更になったことでより世界地図のグラフィックが目立つようになった。

おすすめの記事