「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セレッソ大阪の歴代ユニフォームを振り返ってみる!

2016 11/25 20:06
サッカー ピンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://thepage.jp

香川真司選手や乾貴士選手など海外で活躍する選手を輩出しているセレッソ大阪。セレッソとはスペイン語で桜を意味する言葉で、ユニフォームもピンクを主体としている。今回はセレッソファンの方へ向けて、知っておきたい歴代ユニフォームの変遷について紹介する。

1992年モデルのユニフォーム

1992年に当時はJFL所属ではあったが、Jリーグのサプライヤーであるミズノによって初代のユニフォームが作られる。上がピンクでパンツとソックスが水色というカラーリングで、当時のJリーグの中でも際立って目立つ色合いだった。シャツは襟付きで袖のところと、胸から下の部分に桜の花びらのモチーフがきらきらと散りばめられているデザインになっている。この時の胸スポンサーはカプコンだった。
1995年にJリーグ昇格を果たすが、ユニフォームデザインは1996年までほぼ同じもので戦う。胸スポンサーは1995年からニッポンハムに変わる。Jリーグ昇格初年度の1995年には森島寛晃がベストイレブンを獲得している。

1997年モデルのユニフォーム

1997年には、前年のカップ戦用に作られた縦のストライプ柄のユニフォームが1stユニフォームとして採用される。襟付きでピンクと紺色のストライプ柄、襟口から袖が縫い付けられている「ラグラン袖」という形式を初めて取り入れたユニフォームになっている。
1999年にはマイナーチェンジが行われ、ピンクの部分が明るい色に変更になったほか、肩のラインにミズノのオリジナルデザインであるMCラインが入るようになった。ここからは2003年までマイナーチェンジが行われる。この時期は1997年にレヴィー・クルピ、1998年に松木安太郎が指揮を執るが、Jリーグ最多失点で負けるなど思うような結果を残すことができず、2001年にはJ2降格を経験する。

おすすめの記事