「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アビスパ福岡の歴代ユニフォームまとめ

2016 11/25 20:06
サッカーボールⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Evgenii Matrosov/Shutterstock.com

アビスパ福岡のユニフォームにスポットを当てたいと思う。Jリーグ初年度から現代に至るまでの歴代ユニフォームの変遷をたどる。

【1996~98年のユニフォーム】九州初のJリーグクラブが誕生!

Jリーグデビューは1996年。初年度15位、2年目は17位、3年目は18位となかなか苦しい船出となった。成績は振るわずJリーグ2部制移行に伴い、1998年に開催されたJ1参入決定戦に出場することに。川崎フロンターレを延長で下した試合は「神を見た夜」と呼ばれ、今でもファンの心に刻まれている。この年から3年間のユニフォームは、シルバーをメインカラーに、ネイビーとエメラルドグリーンのストライプが入ったもの。コカコーラ・ウェストがスポンサーだったため、缶コーヒーの「GEORGIA(ジョージア)」のロゴを胸に戦った。

【2004年のユニフォーム】1stユニフォームがブルーに変更

J2でも低迷を続けていた2003年に松田浩が監督に就任。一発勝負ではなく長期ヴィジョンを立ててのチーム強化とJ1復帰を目指す体制が完成する。2005年にはチームは5年ぶりのJ1復帰が決定。合計3シーズン半に渡り監督を務め、チームの底上げに成功した。ユニフォームに関する大きな変更は2004年。1stユニフォームのメインカラーがシルバーからブルーに変更になったのだ。それまでのシルバーは2ndユニフォームで使用されることになった。

おすすめの記事