「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

海の街「湘南ベルマーレ」の歴代ユニフォーム

2016 11/25 20:06
湘南ベルマーレ ユニフォーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 web.gekisaka.jp

湘南ベルマーレの歴代ユニフォームがどんなものか知りたいと思わないだろうか? 人気あるユニフォームも多数あるので、それらをここで紹介する。

前身「ベルマーレ平塚」時代のユニフォーム

1994年に「ベルマーレ平塚」の名称でJリーグに加盟した頃は、ホームグラウンドは平塚市のみだった。チームカラーは現在と変わらずライトグリーン、青、白だ。1994年?1996年の初代のユニフォームは「ソロバンユニ」と呼ばれ、ライトグリーンに青いストライプとソロバンの珠ような模様が濃い目の黄緑色で全体に入っていたのが特徴だった。
1997年?1998年は、「縦縞」と呼ばれ、白・黄緑・白と、3本の細い線が縦に入った太い青いラインが、ライトグリーンにストライプ模様になったものが、サポーターの人気投票で選ばれた。サプライヤーはいずれも「ミズノ」、ライトグリーンが基調だった。

湘南ベルマーレ「青い」ユニフォームの時代

2001年からはホームカラーが青になった。首まわりのみライトグリーンで、Jリーグ初のストレッチユニフォームとなった。2001年の背中のスポンサーは「nakata.net」で中田英寿選手のロゴだ。2002年とデザインは共通だが、いまだ賛否両論のあるモデルだ。2004年も青が基調のストレッチユニフォームだったが、胸のスポンサーが「産業能率大学」で初の日本語ロゴだった。サプライヤーが「PUMA」だったことから「産能大PUMA」と呼ばれたが、当初は「大学のユニフォームのよう」と批難もされた。

おすすめの記事