「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

FC東京の歴代ユニフォームを紹介

2016 11/25 20:06
FC東京Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

FC東京の歴代のユニフォームがどんなものか知りたいと思わないだろうか? ここでは、1999年にJリーグに加盟したFC東京の、1999年からこれまでのユニフォームを紹介する。

FC東京 初代のユニフォーム

FC東京のチームカラーは青と赤だが、その理由として2つの説がある。1つは、東京の江戸紫にちなんで青と赤をかけ合わせたら紫になることから。もう1つはヒーロー物の特撮番組「超人機メタルダー」の戦闘回路と自省回路を表す色に肖(あやか)ったというものだ。
サプライヤーは2014年までアディダスだった。1999年・2000年のデザインは青を基調に腕の内側から脇にかけて2本の太い赤いラインが、肩から腕にかけては細い3本のラインの入ったもので、スポンサーロゴは胸に「am/pm」腕に「TEPCO」背中に「Enesta」だった。2001年は、肩と脇から側面に太い赤、その上に3本の青いラインが入り、前面にも青の太いストライプが入った。スポンサーロゴは同じで、ここからFC東京は始まった。

FC東京 ユニフォームの変化

2002年のデザインは、2001年と変わらなかったが、胸のスポンサーが「ENEOS」に変わり、パンツに「am/pm」が入った。その後2003年、2004年のデザインは、側面が赤、肩から袖が赤い3本線、前面の青いストライプはなくなり、青いソックスに赤い線が入った。スポンサーは2003年よりパンツが「TOKYO GAS」になった。
2005年、2006年には柄が少し変化して、脇の赤い部分が、パンツと模様が合わさり、炎のような形になった。2007年には左袖、右側面、右足が主に赤色の炎のような曲線に3本線、ソックスは縦に太く赤の模様が入った。2008年、2009年は右袖に丸みを帯びた赤、前面の左側一面は赤い半円のような形になり、2009年には背中のスポンサーが「LIFEVAL」に変わった。

おすすめの記事