「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名古屋グランパスの歴代ユニフォームをご紹介!

2016 11/25 20:06
名古屋グランパス ユニフォーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.sports-ws.com/

もともと名古屋グランパスは、トヨタ自動車工業サッカー部を前身とするチームだ。Jリーグでも圧倒的な資金力を誇る名古屋グランパスはユニフォームも独創的。設立当時から2002年までの歴代ユニフォームを紹介する。

名古屋グランパスの最初のユニフォーム 1992~1994年モデル

1992年~1994年のモデルは、名古屋グランパス創設の最初のユニフォームだ。Jリーグ開幕前に間に合ったファーストモデルは、当時のチームカラーであった“レッド”を基本にデザインされている。肩から胸にかけての上部には、サブカラーだったイエロー・ホワイト・ブラックを幾何学模様に配している。セカンドモデルは基本的なデザインは同じで、レッドとホワイト色を反転させたユニフォームとなっている。製作メーカーとなるユニフォームサプライは、リーグ戦ではミズノが担当、カップ戦ではルコックスポルティフが製作している。

名古屋グランパスのユニフォーム1993年モデル

1993年モデルは幾何学模様ではなく、胸の部分にブーメンランのような白色のV字型のデザインを配したユニフォームだ。ファーストモデルで使われたシャツ・パンツ・ソックスは“レッド”を基本色とし、この組み合わせが2006年モデルまでベーシックカラーとなった。セカンドモデルは前ユニフォームと同じく、赤と白の反転色となっている。1993年はファーストモデルとセカンドモデルの両方ともミズノ製となった。

おすすめの記事