「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ジュビロ磐田の歴代ユニフォームまとめ

2016 11/19 22:39
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://qoly.jp

ジュビロ磐田のユニフォームにスポットを当てて、クラブ創世期から現代に至るまでの歴代ユニフォームの変遷をたどる。

【1994年のユニフォーム】オフト監督のもとで戦ったJリーグ1年目

元日本代表監督監督の座を退いたハンス・オフトが新監督に就任した。元イタリア代表のスキラッチを補強し、後の黄金時代を支える藤田俊哉、服部年宏、奥大介が入団したのもこの年だ。ルーキーイヤーながらナビスコカップで準優勝を果たし、順調な滑り出しとなった。
Jリーグ1年目のユニフォームは、現在と同じくクラブカラーであるサックスブルーを基調として、Jubiloの文字が小さく散りばめられたもの。特徴は流れる水のグラフィック。静岡県に流れる4つの川(大井川、富士川、天竜川、阿部川)を表しており、地域愛を表すアレンジとなっていた。

【2002年のユニフォーム】Jリーグ初の2ステージ完全制覇を達成

前年に、名波を中心とした黄金の中盤システム「Nボックス」が完成、アルゼンチンから帰国した高原が加わりさらに攻撃力を増したジュビロは、Jリーグ初となる2ステージ優勝を飾り、年間王者の座に輝いた。
この年のユニフォームは初めて襟のないデザインを採用。サックスブルーを基調に両脇にネイビーが差し色として入った目新しいもの。胸スポンサーはおなじみのコーヒーの「Nestle(ネスレ)」、背中部分には蚊取り線香でおなじみの「KINCHO」のロゴが入った。

おすすめの記事