「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【時代ごとに見る】ヴィッセル神戸のユニフォームを紹介!

2016 11/19 22:39
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://soccer.myjcom.jp

ヴィッセル神戸のユニフォームにスポットを当てて、クラブ創世期から現代に至るまでの歴代ユニフォームの変遷をたどる。

【1996年のユニフォーム】Jリーグへの昇格を戦った1年

Jリーグへの昇格を目指し、当時のJFLを戦っていたヴィッセル神戸。元デンマーク代表のミカエル・ラウドルップを補強して、大きな話題を呼んだ。キャリア終盤とはいえ、日本の2部リーグレベルでは「鬼に金棒」と言わざるを得ない活躍を見せつけ、シーズンを2位で終え悲願のJリーグ昇格を決めた。
この年のユニフォームは白地に太めの黒のラインが3本入ったasics製のユニフォーム。胸スポンサーには伊藤ハムが入った。

【2001年のユニフォーム】KINGカズが加入

1998年を最後に伊藤ハムがスポンサーを下り、エースだった永島昭浩も引退。経営難に苦しんでいたこの時期、京都サンガでプレーしていた三浦知良が加入。加入初年度から主将を務めた。
21世紀最初のユニフォームは、白と黒のシンプルなストライプに白襟と「シンプル・イズ・ベスト」なデザイン。胸スポンサーは埋まっておらず、「VISSEL KOBE」とチーム名を入れていた。アウェイユニフォームには珍しい水色を採用していた。

おすすめの記事