「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【検証】ルヴァン杯(ナビスコカップ)の優勝傾向を分析してみた!

2016 10/28 03:11
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp/

より楽しく観戦するためにも、ルヴァン杯(ナビスコカップ)の優勝チームの傾向が知りたいとおもわないだろうか? 本記事では、過去にルヴァン杯(ナビスコカップ)で優勝しているチームのその年のJリーグの結果から、優勝傾向を考察する。

そもそもルヴァン杯(ナビスコカップ)とは?

サッカーファンであっても、「ルヴァン杯」という名称が聞きなれない方は多いのではないだろうか? それもそのはず、ルヴァン杯に名称が変更されるのは2016年8月に行われる準々決勝から。現状はまだ「ナビスコカップ」の名称を使用している。それは、ヤマザキナビスコ株式会社がナビスコブランドとのライセンス契約を終了することが理由だそうだ。それまで「ナビスコカップ」で親しまれていた大会名も変更せざるを得なくなったという結果だ。
そして今後は、特別協賛社であるヤマザキビスケットの基幹商品「ルヴァン」の名前を冠した「ルヴァン杯」が採用される。 ちなみにルヴァン杯(ナビスコカップ)というのは、Jリーグが主催するリーグカップで、J1リーグに所属するチームで優勝を争う。予選リーグと決勝トーナメントで構成され、アジアチャンピオンズリーグに出場する4チームは自動的に決勝トーナメントへの出場権を獲得する。

【優勝傾向】鹿島アントラーズが最多の過去6回優勝!

ルヴァン杯(ナビスコカップ) では、鹿島アントラーズが過去6回の優勝を誇り、全チーム中最多という結果だ。
ちなみに、優勝年は1997年、2000年、2002年、2011年、2012年、2015年。準優勝も1999年、2003年、2006年と3回経験している。そして、ヴェルディ川崎(現在の東京ヴェルディ1969)が3回、柏レイソル、ガンバ大阪、ジュビロ磐田、FC東京、ジェフユナイテッド千葉の2回と続く。

おすすめの記事