「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

天皇杯の優勝傾向を分析してみた!

2016 10/28 03:11
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp/

よりサッカーを楽しむためにも、天皇杯の優勝傾向を知りたいと思わないだろうか? そこでこの記事では、過去の優勝チームを分析することで、天皇杯の優勝傾向を探る。

そもそも天皇杯ってどんな大会?

サッカーファンにとって、元旦の1月1日に行われる天皇杯の決勝を楽しみのひとつとしている方も多いのではないだろうか?そもそも天皇杯というのは、国内最大規模を誇るサッカーのオープントーナメントで、年に1回開催される大会だ。出場チームは、予選を行わずに本大会に出場できるシード41チームと、各都道府県代表47チーム。合計88チームで日本一を争う。
なお、シード枠はJ1リーグとJ2リーグに所属する全チーム、そして、JFLに所属するチームの中でも前期リーグ戦終了時点で上位のチームで構成される。日程は、敬老の日近辺の週末に1回戦を行い、その後、体育の日近辺の週末に2回戦と続き、12月23日前後に準々決勝、12月29日に準決勝、1月1日に決勝が行われる。

【優勝傾向】最多優勝は鹿島アントラーズとガンバ大阪の4回

過去に開催された天皇杯において、最も優勝回数の多いのは鹿島アントラーズとガンバ大阪の4回。続いて、横浜フリューゲルス、名古屋グランパス、東京ヴェルディ、浦和レッズ、横浜F・マリノスが過去2回優勝という結果となっている。ちなみに、鹿島アントラーズは1997年、2000年、2007年、2010年。ガンバ大阪は2008年、2009年、2014年、2015年。いずれの2チームは準優勝も2回ずつと、イーブンの結果となっている。

おすすめの記事