「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

悲願のリーグ制覇を目指す浦和レッズの要注目選手5人

2016 10/20 18:39
Urawa Red Diamonds
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 www.soccerdigestweb.com

Jリーグで最も多くのサポーターを持つ浦和レッズは、毎年の様に優勝争いに加わりながらもあと一歩の所で毎年タイトルを逃してきた。しかし今シーズンはルヴァンカップに優勝、この勢いで2006年以来10年ぶりとなるリーグ制覇を狙う浦和レッズの要注目選手5人を紹介する。

浦和の太陽 10番柏木陽介

2010年の浦和レッズ加入以来常に攻撃を支え続けたゲームメイカー柏木陽介選手。 左足から繰り出される変幻自在のパスで前線の選手を操り、攻撃的なペトロビッチ監督の戦術におけるキーマン。その活躍ぶりが認められ、昨年およそ3年ぶりに日本代表にも復帰した。
これまではその華麗なプレーもあって、ひょうひょうとした印象をもたれる事もあったが、実際の中身は熱い選手。ここ数年、もう1歩のところでタイトルを逃してきた事から心機一転、数年前から打診を受けていた10番を背負うことを決断。名実共にチームの中心選手となった。 攻撃的な浦和レッズのサッカーは柏木選手の左足から始まる。

エースナンバー9を背負う 武藤雄樹

ベガルタ仙台でプレーしていた頃は全国的には無名だった武藤雄樹選手。しかし昨シーズン浦和レッズに加入すると、浦和の攻撃的な戦術がフィットし大ブレイク。ゴールを量産し、今シーズンから福田正博氏がつけた浦和のエースナンバー9番を付けてプレーしている。
プレーの特徴はゴール前のスペースに入り込む上手さ。浦和レッズのサッカーでは前線の選手によるコンビネーションでスペースを作り、次々とそこに飛び込みながらラストパスやシュートを繰り出すという戦術を取っているが、武藤選手はスペースに入り込むプレーが上手く、そして速い。また中盤でのプレー経験も豊富にある為、パスの能力も高く味方へのアシストも量産できる選手だ。

おすすめの記事