「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

川崎フロンターレが優勝するのに必要なこと

2016 10/20 18:39
soccer blue black stadium
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 web.gekisaka.jp

今や常に上位争いを繰り広げるクラブとなった川崎フロンターレは、不思議な事に未だJ1リーグ優勝やYBCルヴァンカップ(ヤマザキナビスコカップ)天皇杯の優勝経験がない。そんな川崎フロンターレが優勝するために必要なことを考えてみる。

優勝に最も迫った関塚監督時代

川崎フロンターレが最も優勝に迫ったのは4年間で3度リーグ2位となった2006年~2009年までの関塚監督時代だろう。
この頃の川崎フロンターレを支えていたのはリーグ最多記録を達成する事も多かった攻撃力。大学時代まではほぼ無名の選手だった中村憲剛が完全にチームの中心となり日本を代表するゲームメイカーとして知られるようになっていったのもこの頃だ。 中村憲剛のスルーパスから快足FWジュニーニョや我那覇、チョン・テセらがゴールを決める縦に速い攻撃は迫力抜群だった。

失点の多さが競り負ける結果に

そんな迫力満点の攻撃陣を持つ川崎フロンターレだったが、爆発的な得点力を見せる一方失点も多く2006年には2位ながらも優勝した浦和レッズの約2倍にもあたる失点を喫している。
翌年には後に日本代表の守護神となる川島永嗣を獲得するも、チームの戦い方が前線に攻撃のタレントを多数起用した速攻型であったためどうしてもチーム全体が前後に分断してしまう事が多く失点数を減らす事ができないまま。結局シーズンを通じて安定した戦いをすることができず、3点以上取れないと勝てないという試合も多く安定感を持つ浦和レッズや鹿島アントラーズに競り負け、優勝には届かなかった。

おすすめの記事