「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ガンバ大阪の過去の優勝を振り返る!

2016 10/20 18:39
gamba osaka
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 www.huffingtonpost.jp

日本最高との呼び名も高い吹田市立サッカースタジアムも完成し、2016年明治安田生命J1リーグ優勝を目指し戦うガンバ大阪。そのガンバ大阪が2度目のリーグチャンピオンとなった2014年シーズンを振り返る。

クラブ再建を目指し長谷川健太監督を招聘

優勝の前年、2013年はクラブ史上初となるJ2リーグで迎えた。クラブ再建に向けてガンバ大阪は新監督に清水エスパルスで堅実な采配を見せていた長谷川健太氏を招聘。それまでの攻撃に大きくウエイトを置いたチーム作りから、安定した守備をベースにしたチームを目指した人選だ。
J2での戦いは遠藤、今野の現役日本代表選手との対戦ができるという事で相手チームのモチベーションもかなり高く、序盤は勝ちきれない苦しい試合が続くが、長谷川監督の堅実な采配で引き分ける事はあっても負ける事はほとんど無く、またシーズン途中にドイツから宇佐美貴史が復帰すると快進撃を見せ始め、圧倒的な成績でJ2リーグを優勝。1年でのJ1復帰を達成する。

苦しんだ2014年シーズン前半

長年の弱点だったゴールキーパーに新潟から東口順昭を獲得し、2年ぶりのJ1で迎えた2014年シーズン。しかし開幕直前にエース宇佐美が負傷離脱し、開幕直後に迎えた大阪ダービーではセレッソ大阪に苦杯するなどシーズン序盤は勝ち点を伸ばしきれず、ブラジルワールドカップの中断期間を降格圏内の17位で迎えるとシーズン前半は苦しむこととなる。
しかしこのシーズン序盤にガマンして起用していた阿部浩之や大森晃太郎らの若手選手が経験を積んだ事と、怪我で離脱していた宇佐美貴史の復帰、そして中断期間に加入した新戦力がシーズン後半に大きく花開く事となる。

おすすめの記事