「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

浦和レッズの過去の優勝を振り返る!

2016 10/20 18:39
Urawa Red Diamonds
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp/

2度目リーグ優勝を目指し2016年明治安田生命J1リーグで強さを見せる浦和レッズ。Jリーグが誇るビッグクラブである浦和レッズが悲願のリーグ初優勝を果たした2006年シーズンを振り返る。

チームのレジェンド、ギド・ブッフバルトが導いた初優勝

ワールドカップ優勝メンバーとして鳴り物入りで浦和レッズに加入したギド・ブッフバルトが現役引退後、監督として再び浦和レッズに戻ってきたのが2004年。そしてその年から2年連続でリーグ2位となり迎えた3シーズン目の2006年、ついに悲願のリーグ戦初優勝を果たす。
ブッフバルトが求めたのは1対1の強さ。ドイツでは試合毎に1対1の勝敗を数字で発表している様に1対1の強さが重要視されているのだが、その概念を日本にも持ち込み、それをベースにしたチームを作り上げる事に。特に最終ラインではボール奪取力の高い選手を多く起用し、元々は中盤で起用されていた細貝萌や堀之内聖も最終ラインで起用されていた。

前年までの堅守をベースにしたチーム

2年連続リーグ2位となっていたチームのベースは堅守。闘莉王を中心にした3バックと、鈴木啓太と長谷部誠からなる守備的ミッドフィールダーは鉄壁の強さを見せ、相手の攻撃を跳ね返し続けた。
攻撃の軸となっていたのはドイツで活躍していたブラジル人ロブソン・ポンテ。ポンテのゲームメイクからJリーグ屈指のサイドアタッカー三都主アレサンドロと山田暢久によるサイドアタックは対戦相手を大いに悩ませていた。
ただ1つ足りなかったのは最後のゴールを決めるストライカーの存在。時には闘莉王が最終ラインからオーバーラップを見せていたが、ストライカー不在が優勝まで後1歩届かない要因となっていた。

おすすめの記事