「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【歴代】サンフレッチェ広島の優勝パレード・報告会まとめ

2016 10/17 10:21
サンフレVⒸゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

サンフレッチェ広島ファンの方へ クラブの歴史を知って、より理解を深めたいですよね そこでこの記事では、サンフレッチェ広島の優勝パレード・報告会についてご紹介します

1994年のサントリーシリーズで初優勝!

サンフレッチェ広島が初めて優勝したのは、Jリーグ創設から2年目の1994年シーズン。“アジアの大砲”として得点を量産した日本代表の高木琢也を中心に攻撃陣が爆発。また、同じくFWで高木とツートップを組んだハシェックや、元チェコスロバキア代表のチェルニーなど外国人助っ人の活躍もあり、サントリーシリーズで見事優勝を飾っています。
なお、高木はJリーグのベストイレブンにも選出されています。この当時の優勝パレード・報告会に関する情報はありませんでした。

広島でプロスポーツチームの優勝パレードが行われたのは実に37年ぶり

2度目の優勝は、日本代表として活躍した経験を持つ森保一が監督に就任した2012年。森保監督自身も1992年から2001年までの10年間、サンフレッチェ広島でプレーした経歴を誇ります。そんな森保監督の采配が見事なまでに的中し、最終節を残して優勝が決定。しかも、クラブ史上初となる、年間総合優勝の座も獲得。それを祝い、2012年12月16日に広島市は中区の平和大通りで優勝パレード・報告会が開催されました。会場には、ファンや市民などおよそ6万2000人が集まり、熱気に包まれました。ちなみに、広島で野球を含むプロスポーツの優勝パレードが行われたのは、1975年に広島カープが優勝したとき以来、実に37年ぶりのことでした。

おすすめの記事