「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

U-20ワールドカップが開幕、日本代表の初戦は南米王者に引き分け

2019 5/24 15:00中山亮
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

主力5人がチームから離れることに

FIFA U-20ワールドカップ、ポーランド2019大会が開幕した。グループBに入ったU-20日本代表は初戦で南米王者エクアドルと対戦し1-1の引き分けとなった。

久保(FC東京)、安部(鹿島)、大迫(広島)がA代表選出のため、また橋岡(浦和)、谷(G大阪)は怪我のためと、アジア予選などでこれまでこの世代で主力だった選手5人がチームから外れることとなった、今回のU-20日本代表。

南米王者エクアドルとの初戦は、GKに若原(京都)、DFラインには菅原(名古屋)、瀬古(C大阪)、小林(神戸)、東(広島)。中盤には郷家(神戸)、伊藤(名古屋)、齊藤未月(湘南)、山田(横浜FM)、FWに斉藤光毅(横浜FC)、田川(FC東京)が並ぶ4-4-2でスタート。一方のエクアドルは4-2-3-1の布陣で南米予選得点王のカンパーナが1トップ、左利きの10番レサバラがトップ下に入った。

おすすめの記事