「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京オリンピックにつながる大会 若手サッカー選手の見本市「トゥーロン国際」とは?

2019 5/6 15:00橘ナオヤ
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

U-23日本代表が参戦する「トゥーロン国際」とは?

U-23日本代表が、6月に行われる第47回トゥーロン国際大会に参加することが決まった。この大会は、毎年6月に開催される、U-23世代の代表チームが参加するFIFA公認のユースの国際大会だ。

フランス南部プロヴァンス地方にある、ヴァール県で行われる。トゥーロンの名は決勝の舞台でもある地中海に面した都市トゥーロンから付けられている。

この大会は50年以上の歴史がある。1967年にトゥーロンの富豪モーリス・レベロ氏が創設し、第1回が開催された。当初はクラブチームが参加する大会だったが、1975年の第3回大会から、現在のようにU-23世代の代表チームが参加するものとなった。

その後少しずつレギュレーションや参加国数が変わり、今大会はホスト国フランスと招待国の計12カ国が参加する。現在はモーリス氏の息子アラン氏が会長を務めている。

若手選手の「見本市」

この大会には、世界各国から有望な若手選手が出場するため、欧州クラブを中心としたスカウトたちの見本市的な意味合いの大会となっている。

かつては現レアル・マドリー監督ジネディーヌ・ジダンやポルトガル代表FWジョアン・マリオやMFアンドレ・ゴメス(2013年大会)、FWクリスティアーノ・ロナウド(2003年大会)、ブラジル代表SBフィリペ・ルイス(2004年大会)といった面々が出場。出場当時すでに欧州リーグで活躍していた選手もいるが、ここでの活躍を機にステップアップを果たした者もいる。

注目すべきは、この大会はFIFAやUEFA、フランスサッカー連盟の主催ではない、親善試合だという点だ。出場国は、ホスト国であるフランス以外は特に招待の基準があるわけではない。ワールドカップのようなランキングごとのポッド分けもなければ、所属するサッカー連盟から均等に招待されるわけでもない。

今大会はFIFAランクトップ10からホスト国フランスを含め4か国がいる一方で、100位台の国もいる。また今回はアフリカからは1か国も招待されていないが、前回大会はトーゴが出場しているほか、2017年大会ではコートジボワールが出場し準優勝している。主催者がどういった基準で招待国を選定しているかは明らかではないが、思いもよらぬ選手を発見できるかもしれない。

今大会の参加国は以下の通りだ。

トゥーロン国際のグループリーグ表ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

今大会の日程は6/1-15の2週間。まず12か国が3グループに分かれて戦い、各グループ1位と、2位の3か国のうち最も成績の良い1か国の計4チームが決勝トーナメントに進出する。

残る8チームはそこで終わりではなく、大会後半の11日からは順位決定戦が行われる。勝ち抜いた4チームは12日に準決勝、大会最終日の15日には3位決定戦と決勝戦が行われる。つまり、勝ち抜けなかったチームも4試合はできるレギュレーションになっている。また試合は40分ハーフと少々変則的だ。

おすすめの記事