「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー日本代表、コパ・アメリカ参戦から考える遠征の必要性

2019 3/31 15:00橘ナオヤ
サッカーボールⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

二度目のコパ・アメリカ参戦

サッカー日本代表は、6月に開催されるコパ・アメリカ2019ブラジル大会に招待国として出場する。3月の親善試合は南米勢との2試合で、まさに前哨戦となった。

コパ・アメリカとは、南米サッカー協会(CONMEBOL)が主催するナショナルチームによる大陸選手権だ。他大陸でいえば、アジアではアジアカップ、ヨーロッパでは欧州選手権(EURO)に相当する。中でもコパ・アメリカは、1916年に第1回が開催された大陸選手権として最古の歴史を持つ大会なのだ。

特筆すべきは、南米の強豪国がしのぎを削って大陸王者を目指すというレベルの高さ。南米サッカー協会には、ブラジルやアルゼンチンを筆頭に10カ国が加盟している。他はウルグアイ、パラグアイ、チリ、ペルー、ボリビア、コロンビア、ベネズエラ、エクアドルだ。さらに2カ国が招待され、コパ・アメリカでは全12チームが戦う。

招待国としては南米の近隣国、メキシコやアメリカ合衆国、コスタリカの参加回数が多い。だが今回は日本とカタールが招待され、日本は二度目の参加となる。アジアカップ決勝では、カタールが日本を下し初のアジア王者となっている。

アジアのトップ2が参加する今回のコパ・アメリカ。招待当初は思いもよらない構図になったが、南米相手にアジアサッカーのレベルを試すこととなる。

おすすめの記事