「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

相手FWへの31本のパスを許した日本 カタール戦で見えた致命的な弱点

2019 2/4 11:00SPAIA編集部
日本代表,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

エース大迫のプレーは良好

日本代表は先のアジアカップで準優勝に終わった。準決勝で最大の強敵イランに勝利したことで楽観論も広がっていたが、決勝でまさかのカタールに完敗。日本はなぜカタールに敗れたのか。このカタール戦にこそ日本の弱点が凝縮されており、それはデータでも如実にあらわれていた。映像からデータを収集し、分析した。

日本の絶対的なエースはFW大迫勇也だ。彼が不在、あるいは止められてしまうと日本は攻撃がうまく機能しない。果たして彼のパフォーマンスはどうだったのか。

大迫のデータ,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

カタール戦、大迫は23回パスを受け、そのうち相手にボールを渡してしまったのは3回。成功率は87%になる。失敗のうち1回は体を反転してシュートチャンスにつなげているので、実質的に失敗は2回と言っていいだろう(パスを受けてのトラップミス、受けた後出したパスが相手に渡ったものを失敗と定義した。なお、味方に渡せなかったもののフリーキックを獲得したものは成功とした。他選手も同様)。

イラン戦ではどうだったか。大迫は16回パスを受け、そのうち相手に渡してしまったのは4回。成功率は75%になる。プレー機会という意味では、カタール戦の方がより多くあったことになり、成功率も上だ。 他の指標でも3-0と完勝したイラン戦よりも1-3と完敗したカタール戦の方がいいデータを出している。大迫に関しては、データ上は「問題ない」という結論が導き出せる。

おすすめの記事