「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【アジアカップ】カタールやベトナム、躍進の裏にある国家規模の育成プロジェクト

2019 2/5 11:00橘ナオヤ
カタール代表,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

カタールが大会初優勝

AFCアジアカップ2019は、中東の小国カタールが初の決勝進出で、過去4度優勝経験のある日本を3-1で下し、初優勝を果たした。今大会、日本はサウジアラビアやイランというこれまで苦戦を強いられてきた国々に快勝した反面、ベトナムやカタールといったサッカーでは強い印象のなかった国々に苦戦を強いられた。その背景には、各国独自のサッカーを目指す大きなプロジェクトの存在があった。

カタールの「帰化選手軍団」はお国柄

カタールは帰化選手の問題が騒がれているように、多くの代表選手が海外にルーツを持つ。そのため、「身体能力に長けた選手を買いあさる帰化選手軍団」と言われることもある。その指摘はもっともだが、これはカタールという国らしい戦略でもあるのだ。

もともとカタール国民は人口が少なく、その多くが富裕層である。ブラジルやアフリカ諸国のように国民がスポーツで成功を掴もうという野心を抱く環境ではない。また多くの移民労働者を受け入れており、外部から人材を受け入れることに抵抗がない。

そのため、国のスポーツを強化しようというプロジェクトにおいても、国内から才能を発掘するのではなく、有望な若手を家族ごと移住させるという手法が違和感なく受け入れられる。移住者にカタール国籍を与え、親には仕事を、子どもには後述するアカデミーで一貫した育成を施すことで、代表チームの強化を図ってきたのだ。

おすすめの記事