「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本代表、組織力でカタールの後塵を拝す 5度目のアジアカップ優勝ならず

2019 2/2 08:30中山亮
サッカー,日本代表,2018年アジア杯決勝,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

カタールが完全に上回った前半45分

アジアカップは1日、UAE・アブダビのザイードスポーツシティ・スタジアムで決勝を行い、日本代表はカタール代表に1-3で敗れ、2大会ぶり5度目の優勝はならなかった。

勝負を決めたのは前半の45分間。

日本は、負傷の遠藤に代わって塩谷が入った以外は準決勝と同じメンバー。布陣も同じ4-2-3-1。一方のカタールは、準決勝UAE戦では日本と同じ4-2-3-1だったがこの試合では3バックの3-5-2。カタールは日本を分析し、日本対策としてこの布陣を採用してきたが、日本はこのカタールの3バックに対して対応ができなかった。

立ち上がりは決勝戦ということで両チーム共に強度の高い攻防が繰り広げられたが、時間の経過と共にカタールの3バックがボールをもった時に日本のプレッシングがハマらない場面が見られるようになる。

日本のプレッシングは前線で南野と大迫が並ぶ4-4-2の形で行われるのに対し、カタールは3バックなので最初から数的不利の状況ではあるのだが、これに加えてカタールの中盤・前線の選手すべてが日本の守備陣形の間にポジションを取ることで、プレッシングがハマらない状況が生まれていた。

その結果生まれたのが11分の失点シーン。日本はプレッシングが上手くいかないのでカタールの3バックに対して大迫、南野に加え原口もアプローチに出るが、そのタイミングで原口と塩谷の間にポジションを取る10番のハサン・アルハイドスへ縦パスが入る。

このパスで日本は全体が左サイドに引っ張られしまい、逆サイドに流れた11番のアクラム・アフィフがフリーになる。

最後は19番アルモエズ・アリのオーバーヘッドシュートという形だったが、そもそもはCBとSBの間の1つ手前、守備的MFとSHの間に攻撃の基点を作られたことで失点につながった。

27分に奪われた追加点も塩谷と原口の間に入った6番アブデルアジズ・ハティムへのパスから始まった。

カタールのフェリックス・サンチェス・バス監督は、日本の4-4-2に対してどういう布陣でどこにポジションを取ればどこが開くのかを分析し徹底させたが、対する日本の森保監督は全く準備できていなかった。

おすすめの記事