「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本がアジアカップ決勝進出!アジア最強のイランを冷静さで上回った日本

2019 1/29 12:05中山亮
サッカー日本代表,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

優勢だったのはイラン

スコアでは3-0と日本の完勝に終わったが、両チームの差はごくわずかなものだった。前半は五分五分、もしくはイランが少し優勢だった。

立ち上がりはどちらも攻守が切り替わった瞬間を警戒し、両チーム共にロングボールを蹴り合う形が続くが、最初にペースを握ったのは日本。堂安と南野、または南野とポジションチェンジをした大迫が、4-1-4-1の陣形を取るイランのアンカー脇でボールを受け始めたことがきっかけだった。

この時間帯、イランのカルロス・ケイロス監督はピッチサイドでイライラを隠し切れなかった。なぜなら、ストロングポイントである縦に速い攻撃にこだわりすぎるあまり、自らバランスを崩していたからだ。

しかし、イランはここから徐々に日本からペースを奪い返しにかかる。今大会ここまで無失点の堅守で日本の攻撃を防いでいるうちに、徐々に落ち着きを取り戻した。1トップに入るアズムンへのロングボールからセカンドボールを拾ったり、拾えなかったとしてもそこからの守備で試合のペースを引き寄せ始めていた。

おすすめの記事