「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

逆転勝ちできたポイントは「幅」 アジアカップ初戦、日本対トルクメニスタン

2019 1/10 11:09中山亮
サッカーボールⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

中央のコンビネーションを封じられた日本

日本の先発メンバーは権田、酒井、吉田、槙野、長友、富安、柴崎、堂安、南野、原口、大迫の11人。布陣はいつもの4-2-3-1。守備的MFには遠藤が発熱で欠場となり富安。またこれまでは負傷でチームを離れた中島が入ることが多かった左SHには原口が入った。対してトルクメニスタンが取った布陣は5-4-1。

立ち上がりから日本がボールを持つ展開となるが、トルクメニスタンの5バックの前に思うようにシュートまでの形を作れず、逆にボールを奪われカウンターの形を作られる。

森保監督就任後、特徴的なのは大迫への縦パスをきっかけに2列目の3人が絡んできて、中央のコンビネーションで一気にDFラインを突破してしまう形だ。縦パスが入ってからのスピード感はかなりのものがある。

トルクメニスタンの5バックが狙ったのは、この中央のコンビネーションを封じること。

縦パスを受ける大迫に対し、トルクメニスタンの5バックの1人が厳しくアプローチをかけ、残りのDF4人+中盤4人が中央を閉める形でコンパクトな4-4のブロックを形成することで、スペースを奪ってきたのだ。

そしてここでボールを奪うと1トップが基点となり、そこにSHのスプリント力を生かしたカウンターを発動する作戦を取ってきたのだ。

失点の場面を振り返ると、トルクメニスタンの7番アマノフの素晴らしいミドルシュートだったが、決して偶然によるものではなく、カウンターで一気にボールを運ばれたことで日本のボールホルダーへのアプローチが遅れたからこそ起こったものだった。

おすすめの記事