「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成8年 ブラジルに勝った「マイアミの奇跡」【平成スポーツハイライト】

2019 1/10 07:00SPAIA編集部
サッカーⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

28年ぶりの五輪出場

マイアミの青空の下、サムライブルーのユニフォームが躍動したのが平成8年7月だった。アメリカンフットボール球技場のオレンジボウルで開催されたアトランタ五輪男子サッカーのブラジル戦。グループDに入った日本は、ドリームチームを相手に臆することなく戦った。

この大会から採用されたオーバーエイジ枠で、当時A代表のレギュラーだったベベット、リバウド、アウダイールが加入したブラジルは優勝候補の大本命と見られていた。一方の西野朗監督率いる日本はオーバーエイジ枠を使用せず、23歳以下のメンバーで臨んだ。当然ながら戦前の予想は「ブラジル圧倒的有利」。日本の勝利を予想した人が一体どれだけいただろうか。

日本サッカーが五輪に出場するのは釜本邦茂が得点王に輝いたメキシコ五輪以来28年ぶりだった。マレーシアで行われた3月24日のアジア地区予選準決勝。エース前園真聖の2ゴールで夢の扉をこじ開けた。決勝は韓国に敗れたものの、堂々の五輪切符をつかんだ。

おすすめの記事