「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成5年 W杯初出場目前で「ドーハの悲劇」【平成スポーツハイライト】

2018 12/24 07:00SPAIA編集部
サッカー,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグ開幕し、空前のサッカーブーム

平成5年10月28日、日本サッカー界にとって悲願だったワールドカップ出場が目前に迫っていた。中東カタールの首都・ドーハで行われていたワールドカップ米国大会のアジア地区最終予選。勝てば初出場が決まる日本はイラクをリードしたまま、ロスタイムに入った。

この年5月にJリーグが開幕。三浦知良、ラモス瑠偉、中山雅史らスター選手が誕生し、日本は空前のサッカーブームだった。昭和43年のメキシコ五輪で釜本邦茂が得点王になったことはあったものの、これまで何度もはね返されてきたワールドカップ出場の夢。このメンバーなら…と期待を抱かせたオフトジャパンは、順調に勝ち進んでいた。

1次予選のグループFは7勝1分けで首位通過。A~F組を1位通過した6カ国の総当たりで行われる最終予選も、第4戦でそれまでワールドカップと五輪のアジア予選で一度も勝てなかった韓国にカズのゴールで勝利し、首位に立った。

最下位の北朝鮮を除き、勝ち点1差でひしめき合う5カ国に出場のチャンスがある大混戦。日本は最終イラク戦に勝てば文句なしで出場決定、引き分けでも得失点差で出場できる可能性があった。日本-イラク戦のほか、サウジアラビア‐イラン戦、韓国-北朝鮮戦が同じ日の同じ時刻にキックオフとなった。

おすすめの記事