「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー日本の4年後W杯予想は25位タイ 森保監督は評価を覆せるか

2018 8/11 15:00SPAIA編集部
森保監督,日本代表,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

ワールドカップの結果は1勝1分2敗

4年後のW杯に向け、日本サッカー協会は森保監督を据えた。少なくともその背景には、ロシアW杯の成功が影響している。もしロシアW杯の結果が3連敗だったなら、4年後は外国人監督で目指すという流れになっていただろう。

今回、決勝トーナメント進出を果たしたことで、直前の監督交代ではあったものの、日本人監督に対しての評価が見直されたことは間違いない。

とはいえ、実際日本の成績は1勝1分2敗。勝ったのは10人相手のコロンビアのみで、善戦したとはいえ結果的に優勝候補のベルギーには負けている。こういった理由により、協会内では今大会の成績に不満を持つ関係者もいるようだ。

日本代表を強くした監督は誰なのか

ここで1つ、「日本代表を強くした監督は誰なのか?」とういう疑問が浮かび上る。直前の交代だったため、チームを勝たせた監督は西野監督なのだが、チームを育てた監督ではないのだ。

Jリーグでは低迷していた強豪チームが監督を交代させた途端、連勝するということがある。その要因の1つが「選手の奮起」だ。

今回の日本代表監督交代劇には賛否両論分かれるが、監督交代を望んだ者がいたことは明らかだ。そしてチーム内には、前ハリルホジッチ監督では選ばれなかった選手や、監督交代について責任を感じている選手など、様々な思いが交錯した状態だった。これら全てが発奮材料になり、結果を残せたと考えられる。

西野監督が丸4年間指揮を執っていたとしたら、同じ成果は挙げられなかったかもしれない。「地力」と「規律」を作ったのはハリルホジッチ監督の功績だと言っていいだろう。

先入観が少ない分、外国人監督の方が新戦力の発掘ができ、情に流されずメディアにも屈しない。オフト、トルシエ、ザッケローニらは日本代表を強くした外国人監督の最たる例だ。

おすすめの記事