「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「先発+本田ら3人」に頼るしかなかった日本代表 4年後のW杯は23人で8強を

2018 7/9 14:55SPAIA編集部
ワールドカップ,ロシア大会,日本代表,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

前評判を覆す善戦も届かなかったベスト8

ベスト16に進出した日本代表は、強烈な攻撃力を持つベルギーに対して互角に渡りあった。

日本が狙ったのは左WBと守備的MFの背後のスペース。左WBはムニエ、守備的MFはデ・ブライネが入るポジションだが、彼ら2人は本来もう1つ前のポジションの選手。そのため守備に切り替わった時の反応がどうしても遅い。原口のゴールはムニエの背後、乾のゴールはデ・ブライネが戻らなかったことでできたスペースと、日本の2つのゴールはまさにそこを突いたものだった。

また前線の献身的な守備も見逃せない。グループリーグでは1試合平均4.3回だった敵陣でのタックル数がこの試合では倍近い7回を記録した。

一方で今大会グループリーグ最少ファウル数を記録した1試合平均9.3回の水準は維持し9回。今大会ではセットプレーからの得点が多いことを考えると、この少ないファウル数が2点先制の状況を作り出した要因の1つと言えるだろう。

しかし結果的には2-0から3失点。惜しくもベスト8には届かなかった。

3失点のきっかけとなったのは65分のベルギーの選手交代。カラスコとメルテンスに代えシャドリとフェライニを投入すると、攻撃時には中盤の底にヴィツェル、インサイドハーフの右にフェライニ、左にデ・ブライネ、前線はルカクとアザールが2トップに近い3-1-4-2に変化。日本はこれに対応できなかった。

1失点目は長友と昌子の間に立ったフェライニを起点にした攻撃から生まれたCKがきっかけ。 2失点目と3失点目は日本のCKから生まれたカウンター。3失点目があまりに強烈だったため2失点目はCKの流れからという印象しか無いかもしれないが、このベルギーのCKは日本のCKからのカウンターで与えたものだった。

日本に足りなかったもの

ベルギー戦で起こった相手の変化に対応できなかったことから始まった逆転劇。この展開は初戦のコロンビア戦でも同じ事が起こっていた。

コロンビア戦ではハイペースで試合に入った日本が先制、さらに相手の退場を誘発させたが、コロンビアは31分にクアドラードに代えてバリオスを投入。中盤のセンターの守備を固め、キンテーロを右SHへと移動。攻撃の形を変化させた。しかし日本はこれについていけず39分に同点ゴールを許している。

コロンビア戦では、結果的に日本はハーフタイムで戦い方を修正、さらに後半に大迫が追加点を決めることで事なきを得たのだが、ベルギー戦で変化があったのは後半の65分。日本には修正を行う時間(ハーフタイム)は無かった。

世界上位レベルの相手はプレーの途中でどんどん変化を行い、常にその変化に対応することが求められる。そのためには個々の判断とチームとしての引き出しの数が必要となるのだが、大会直前2カ月前の監督交代による準備期間の少なさからか、日本にはそれが無かった。

おすすめの記事