「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

10年ぶりに復活した香川・乾の「黄金コンビ」が日本代表を救うか

2018 6/19 13:49SPAIA編集部
日本代表,乾貴士,香川真司,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

黄金コンビ復活

西野監督就任後も連敗を続けていた日本代表だったが、本大会直前6月12日のテストマッチでようやく初勝利を挙げた。

その中心となっていたのが、当初はサブ組と位置づけられていた香川真司と乾貴士。かつてセレッソ大阪の「黄金コンビ」としてJ2を席巻した2人が世界を舞台に輝きを放とうとしている。

黄金コンビの誕生

香川と乾。育成年代から卓越した技術で知られていたこの2人は、学年としては同級生なのだが、クラブチームと高校サッカーと所属するチームのカテゴリーが異なっていたこともあり、ピッチでの接点はほとんど無かった。

そんな2人が運命的ともいえる出会いを果たすのは2008年6月。乾が香川の所属していたセレッソ大阪に期限付き移籍したことに始まる。

当時の乾は高校サッカー選手権優勝という実績を引っさげて横浜F・マリノスに加入したものの出場機会はほとんどなし。一方の香川は前年にセレッソ大阪でポジションを掴むとU-19日本代表、U-23日本代表の世代別代表だけでなくフル代表にも選出されていた。

当時J2だったセレッソ大阪は代表の活動でチームを外れることが多くなっていた香川の代役を必要としており、そこで白羽の矢が立ったのが乾だった。

この2人が初めてピッチで並び立ったのは2008年7月6日J2第24節のサガン鳥栖戦。当時のエース古橋達弥が怪我で離脱。レヴィー・クルピ監督が様々な選手を試していく中でついに乾にも出番が回ってきた。

4-4-2の左SHに香川、右SHに乾が入ったこの試合は結果としては敗れたものの乾はドリブル、パスと持ち味を発揮。さらに初コンビとなった香川とも息のあった連携をみせたのだ。

この試合でクルピ監督に認められた乾は続くモンテディオ山形戦でも先発出場を果たすと初ゴールを記録。このゴールをアシストしたのは香川だった。

おすすめの記事