「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

W杯でメッシに立ちはだかるドイツの壁。代表出場3大会で一度も勝てず

2018 5/16 15:40SPAIA編集部
リオネル・メッシ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

世界最高の選手メッシの戴冠を阻み続けるもの

いよいよ6月14日に開幕戦を迎えるFIFAワールドカップ2018ロシア大会。前回大会の決勝戦はドイツ対アルゼンチン。世界最高の選手の1人であるリオネル・メッシはこれまで3大会に出場しているが、クラブで全てを手にした男はまだこの大会の頂に立つことはできていない。過去3回その夢を打ち砕いてきたのはドイツだった。

アルゼンチンとドイツは過去にW杯で7度対戦しているが、アルゼンチンの1勝2分4敗(延長PK戦は引分け扱い)。メッシが代表メンバーに選ばれてからは常に壁として立ちはだかってきた。

2006年ドイツ大会は開催国の勢いに飲まれる

2006年ドイツ大会でワールドカップ初出場を果たしたメッシは大会中に19歳の誕生日を迎えた。大会直前に負傷した影響でレギュラーではなかったものの、アルゼンチンはクレスポやサビオラといった名手、そしてテベスやマスチェラーノら期待の若手を擁し、ブラジルと並んで南米チームの優勝候補と目されていた。

死の組グループCに入ったものの2勝1分で首位通過。メッシもセルビア・モンテネグロ戦でW杯初ゴールを決めている。 ラウンド16では延長戦の末にメキシコに勝利。そして準々決勝で対戦したのが開催国ドイツだった。

ドイツはエースのクローゼはもちろん、ラームやシュバインシュタイガーといった若手も台頭しており、さらにスタンドの大きな声援を受けたドイツには勢いがあった。アルゼンチンはアジャラのゴールでリードしたものの、クローゼの得点でドイツが追いつき延長戦へ。前の試合の疲労を引きずるアルゼンチンは決め手を欠き、PK戦で2-4と敗れた。この試合もメッシは不出場。若き天才はその才能を発揮することができず、初のW杯を終えた。

ドイツは3位で大会を終え、エースのクローゼが得点王、最優秀若手選手賞にポドルスキが選ばれたが、頂点には届かなかった。

おすすめの記事