「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本代表も!2017U-20ワールドカップで見られる強豪国とは?

2017 3/16 09:28芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Oleksii Sidorov / Shutterstock.com

2017年はU-20ワールドカップが開催されます。育成年代のワールドカップであり、将来の活躍が期待されるまだ成長段階の選手が出場する大会です。日本代表も2017年大会に出場しますが、ここで改めてU-20年代の強豪国を確認したいと思います。

現在の出場決定チームを確認

まずは、どんな国が出場するのか出場チームを確認してみます。大会に出場するのは全24チームですが、2017年2月現在出場が決まっているのは13カ国です。
その内訳はアジアからは日本、サウジアラビア、イラン、ベトナムの4カ国に加え、開催国の韓国が出場します。ヨーロッパからは、イングランド、フランス、ドイツ、ポルトガル、イタリアの5カ国、オセアニアからはニュージーランドと、バヌアツの2カ国、そして南米は現時点ではウルグアイの出場が決まっています。
今後、南米の3カ国、北中米カリブ海の4カ国、アフリカの4カ国の出場国が決定し、全24チームが出揃う事になります。

ヨーロッパの強さの理由は?

まずは出場国が出揃っているヨーロッパの強豪チームを紹介します。
過去の結果を見ると、今回の出場国の中で優勝経験があるのはドイツ、ポルトガル、フランスです。また今回はでませんが、スペインやセルビア、ロシアも優勝経験があり、ヨーロッパのチームは基本的に強い国が多いようです。
では、なぜそのような強さがあるのでしょうか?この大会は20歳以下の選手しか出場できませんが、イングランドやドイツスペインなどのヨーロッパのトップリーグには10代の選手でもトップチームで試合に出場している選手が多く、中にはフル代表に選ばれる選手もいるなど、選手は高いレベルでサッカーをプレーし、個々のレベルが高いと言えます。
このような高いレベルのリーグの存在はヨーロッパ各国に優勝をもたらす要因の1つなのではないでしょうか。

おすすめの記事