「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

浮き球にジャストミート!サッカーでボレーシュートの上手い選手4人!

2016 11/10 19:16
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Jakkrit Orrasri/Shutterstock.com

サッカーの試合観戦でゴールの瞬間ほど沸き立つものはない。数あるシュートの中で、今回は「華麗なボレーシュートを放つ選手を知りたい!」という方のために、海外のサッカー選手から2人、日本のサッカー選手から2人をご紹介する。

ボレーシュートってどんなシュート?

そもそもボレーシュートとはどんなショートだろうか。ボレーとはvolley、つまりバレーボールのバレーと同じで、地面にボールをつけないこと。空中に浮いているボールをそのままシュートするのがボレーシュートだ。浮き球の中心を精確に捉えて蹴らなければならない難しさがある。試合中、ボールが止まることはほとんどない。常にフィールドを動いており、時に空中に放たれる。
サイドから出たクロスや敵の頭上を通すために浮かせたショートパスなどを直接ゴールに叩き込むのが、このボレーシュートなのだ。

伝説的なボレーシュートを決めたのはフランスのジダン!

ジネディーヌ・ジダンはフランスの超有名なサッカー選手で、現役の時はFIFA最優秀選手賞、バロンドール、ゴールデンボール賞など数々の賞を受賞し、現在はレアル・マドリードで監督を務めている。
マルセイユ・ルーレット(ドリブル技術の一つ)などのフェイントも彼のトレードマークだ。しかし2002年のレアル・マドリード対レバークーゼン戦で見せたボレーシュートは、まさに伝説として語り継がれているのだ。
レバークーゼン戦の前半終了間際のロスタイム、左サイドから緩やかに上げられたクロスが落ちてくる地点で彼は待ち構えていた。ほぼ垂直に落下するボールを真横から完璧なフォームとタイミングで捉えて素晴らしいボレーシュートを放ったのだ。ボールは凄いスピードでゴールのネットを揺らした。

おすすめの記事