「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

長谷部誠を通じて学ぶ「キャプテンの役割」とは?

長谷部誠,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

W杯サッカー日本代表2大会連続でキャプテンを務める

サッカーW杯、ブラジル大会とロシア大会の2大会連続で日本代表キャプテンを務めた長谷部誠。常にチームを鼓舞し、ロシア大会ではチームを決勝トーナメントに導いた。2大会連続で代表チームのキャプテンを務めるのは異例のことだ。一時的に吉田麻也らがキャプテンマークを巻いたが、W杯本番では長谷部が務めることに。

長谷部の「キャプテンシー」が素晴らしいことは言うまでもない。しかしながら「キャプテンを務める」とは、どれほど困難なことなのだろう。株式会社アイディアヒューマンサポートサービス(東京都渋谷区)のスポーツメンタルトレーナー、田中誠忠(たなかのぶただ)さんに聞いてみた。

キャプテンやリーダーになりたがらない人が多い

「あの選手はキャプテンシーがある」と耳にすることがある。「キャプテンシー」は、非常に難解かつ高度なコミュニケーション能力が必要で重大な責任を伴うものであるというイメージが強い。では、「キャプテン」に世間はどんな印象を持っているのだろう。

「ジュニアに限らず、スポーツや企業でキャプテンやリーダーになりたがらないという話はよく聞きます」と田中さんは話す。それはなぜだろう?

どんな場面でも結果を求められ、出さないといけないのがキャプテンやリーダーだ。「メンバーに嫌われず、好かれるキャプテン(リーダー)になりたい」と考え、うまく立ち回りたいのが本音だろう。しかし、常に責任というプレッシャーを抱えているため、結果を出すために厳しくメンバーに接することもある。そこで生まれるのが「嫌われるのでは?」というような不安感情だ。

田中さんは、この現状について「子供の頃から、失敗すると文句を言われる父親・うまくいかなくて経営者に怒られる管理職・勝てなかったチームメンバーや指導者に文句を言われているキャプテン、などを見ているので保身的な考えになっている」と指摘した。つまりこれらが要因となり、誰もが嫌われることを避けようとするため、キャプテンやリーダーにはなりたがらないというわけだ。

おすすめの記事