高校サッカー注目の強豪校3選 | SPAIA

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校サッカー注目の強豪校3選


サッカー

Photo by makieni/Shutterstock.com

全国サッカー強豪校、憧れの上位3校に注目。各校共に有名な私立校で過去の素晴らしい実績や功績は勿論のこと、有名選手も輩出している。さすが強豪校だと感じさせられる程に、日々の練習から得た結果は素晴らしいものだ。

福岡県の強豪、赤い彗星の東福岡高等学校

学校法人東福岡学園が運営を行っている私立の男子中高一貫校で、緑色のスクールカラーと「東」の略称で地元民から親しまれている。多くの卒業生が有名な私立大学へ進学するなど、優秀な生徒が在籍しています。またスポーツの名門校としても全国的に知名度が高く、部活動も大変盛んだ。
近年ではサッカー部やラグビー部などのスポーツ分野での活躍が著しく、サッカー部は1997年に公式戦トータル52戦無敗を誇り、夏のインターハイ・全日本ユース・冬の国立大会で史上初の高校三冠を達成した功績がある。

全国大会の常連校、富山第一高等学校

通称「富一」または「一高」と呼ばれ、富山県が誇る最大の私立高校だ。同校の男子サッカー部は、全国高等学校サッカー選手権大会の出場常連校で、全国屈指の強豪校として知られている。毎年イングランド遠征を行い、チーム強化に努めている。1999年には富山県史上初のベスト4入りを果たし、翌年も2年連続となるベスト4入り、そして北陸勢初となる2年連続国立進出を勝ち取る快挙を成し遂げた。
元日本代表など、世界で活躍する多くのサッカー選手を輩出している。

群馬県を代表する強豪、前橋育英高等学校

群馬育英学園が運営を行う私立校で、スポーツの名門として有名だ。多くの部活動が盛んだが、特にサッカー部は全国屈指の強豪の名を持つ程の実績がある。U-18の公式戦やザスパクサツ群馬の練習場を利用し、より立体感のある練習をしている。同部は全国大会で1回の優勝に輝き、以降もベスト4に5回進出を果たしている。
最近では平成26年の第93回全国高等学校サッカー選手権大会で、初準優勝を手にしている。

まとめ

日頃行っている厳しい練習がこのような素晴らしい結果を出し、華咲かせることで、自己の自信にもつなり更に上を目指す切掛にもなるだろう。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

10/19 22:56更新
  • {{game.HomeTeamName}}
    {{game.HomeScore}}
    詳細
    {{game.formatted_time}}
    中止
    {{game.Inning}}回{{game.BottomTop}}
    終了
    {{game.VisitorScore}}
    {{game.VisitorTeamName}}

パ・リーグ

10/19 22:56更新
  • {{game.HomeTeamName}}
    {{game.HomeScore}}
    詳細
    {{game.formatted_time}}
    中止
    {{game.Inning}}回{{game.BottomTop}}
    終了
    {{game.VisitorScore}}
    {{game.VisitorTeamName}}

交流戦

オールスター

クライマックスシリーズ

日本シリーズ

10/19 22:56更新
  • {{game.HomeTeamName}}
    {{game.HomeScore}}
    詳細
    {{game.formatted_time}}
    中止
    {{game.Inning}}回{{game.BottomTop}}
    終了
    {{game.VisitorScore}}
    {{game.VisitorTeamName}}