「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーから学ぶスポーツメンタル 「ハイプレッシャー」にどう振る舞うべきか?

サッカー,スポーツメンタル
このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカーワールドカップで「ハイプレッシャー」と向き合う

W杯サッカーは4年に1度の開催で、オリンピック、W杯ラグビーと並び世界三大スポーツイベントである。出場する選手や監督をはじめとしたスタッフは国を背負って試合をする。その為、相当な「ハイプレッシャー」と戦わないといけない。

スポーツ選手は、「技」や「体」と共に「心」を磨いている。いわゆる「メンタル」である。メンタルトレーニングを導入する選手も以前より多くなった。もちろん「ハイプレッシャー」との向き合い方も日頃から取り組んでいる。では、どのように日頃から取り組んでいるのだろうか?株式会社アイディアヒューマンサポートサービス(東京都渋谷区)のスポーツメンタルトレーナー、田中誠忠(たなかのぶただ)さんに聞いてみた。



「ハイプレッシャー」にかかった時こそ「自己分析」が大事

トップ選手になればなるほど「ハイプレッシャー」を受け続ける。言い換えると「ハイプレッシャー」を受けるぐらい実績を作ってきた選手とも言える。田中さんは「ハイプレッシャーを感じた時こそ、どういう選手になりたかったのか? なぜこの競技をしたかったのか? もう一度その時のミッションに立ち返り、ハイプレッシャーを受けた時にどうなるのか分析することが重要だ」と話す。いわゆる「自己分析」である。

プレッシャーを受けた時に「勝てるかな?」という不安になり、練習やっても仕方ないとモチベーションが下がる。きつい練習から目を背け、自分が頑張る事より相手を蹴落として勝った方が良いと考えてしまう事もあるだろう。
田中さんは「自己分析をジュニアの時から継続する選手は、自分自身のメンタルが進化していることを肌で感じることができる」と話した。継続して「自己分析」をすることの重要性は、継続した本人が一番実感をしているようだ。



おすすめの記事