「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【似て非なるもの】サッカーの移籍市場!夏と冬の違いとは

2017 12/26 16:00dai06
サッカーマーケット
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏こそ大型移籍実現の可能性大!歴史が変わる一瞬

夏と冬で比べれば、夏の移籍市場の方が大型移籍が実現する可能性が高く、選手の動きも活発になる。これは間違いない。
なぜなら夏の移籍市場が開いている期間は、欧州のサッカーが開幕する直前および開幕直後だからだ。つまりは夏の移籍市場は、各クラブにとっての準備期間を意味する。

新シーズンを戦うことになるクラブは、年間を通して戦い抜けるだけの戦力を揃えなくてはならない。年間に20得点以上を狙えるような点取り屋、中盤を制する司令塔、多くのビッグセーブを連発する守護神、そんなスタメン間違いなしの即戦力を求めるのだ。
そのような選手には当然高値がつき、複数のクラブが関与する争奪戦が巻き起こる。

1人の選手にそれだけの需要が集まるのなら、選手そのものの実力につけられている金額とは別で、さらなる金額を上乗せしなくてはならない。
2010年代前後からの移籍市場では、100億円近い金額が動くことも普通になってきた。そして2017-2018シーズン夏の移籍市場では、遂にネイマールに2億2200万ユーロ(約290億円)という金額がつけられた。

冬はテコ入れ!選手の補填を行う市場

夏の移籍市場に対して、冬の移籍市場ではテコ入れとも言うべき補強が行われる。夏の時よりも選手が少額でやりとりされ、動く選手の顔ぶれも夏より見劣りする印象を受ける。
というのも、冬の移籍市場を迎えるタイミングというのは、各クラブにとってシーズンの折り返し地点にあたる。

折り返し地点である分、シーズンの前半で上手くいったこと、上手くいかなかったことを考えるタイミングだ。当然、上手くいかなかった部分には改善が必要で、戦力が足りない部分には戦力を補わなくてはならない。
改善点を埋めるということは、ピンポイントでの補強となるため、少額の移籍になることが多い。

おすすめの記事