「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【不可測】2018年ワールドカップ!アルゼンチンのグループD注目ポイント

2017 12/25 10:14dai06
アルゼンチンサッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

不可測!展開がわからないグループDの顔ぶれ

グループDに名前を連ねたのは、アルゼンチン、アイスランド、クロアチア、ナイジェリアの4ヶ国だ。
アルゼンチンは南米予選をギリギリで通過してきたものの、リオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロ、アンヘル・ディ・マリアらを擁する強豪であることに疑いの余地はない。

クロアチアに関しても、ルカ・モドリッチやイヴァン・ラキティッチら技術に長けた選手が多く、強豪と言ってよいだろう。ナイジェリアにもヴィクター・モーゼスやアレックス・イウォビら、アーメド・ムサらパワフルな選手が多くやはり強い。
そして軽視されがちなアイスランドだが、EURO2016では史上初の出場に加えて、イングランドを破るなど素晴らしいプレーを連発。彼らの活躍とバイキングクラップは大きな話題を呼んでいた。

この4ヶ国の戦いは、その展開が読みにくい。いずれも強豪であることは間違いなく、グループステージ突破が見込まれるアルゼンチンが敗れる可能性もゼロではないだろう。

心配されるアルゼンチンとリオネル・メッシ

アルゼンチンを率いているのは、リオネル・メッシ。言わずと知れた世界最高峰のスーパースターだ。
そんなメッシだが、代表での活躍には恵まれないままキャリアの終盤を迎えつつある。疑問視されるアルゼンチンサッカー協会のあり方や、敗れた時の国民からの痛烈な批判。
メッシは常にこの板挟み状態のさなかにありつつも、アルゼンチンのエースとしてプレーしてきた。

一時は代表引退を示唆したものの彼は代表に戻り、度肝を抜くようなプレーを我々に披露してくれている。だが、そんなメッシも若くはない。
この2018年のワールドカップが、メッシの最後のワールドカップになる可能性があることを我々は知っておくべきだろう。今大会で最も注目すべき選手かもしれない。

おすすめの記事