「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【場外戦アリ?】サッカー界を支える企業や組織たちとは

2018 1/2 21:24dai06
ビジネスマン,サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

揺れに揺れたFIFA(国際サッカー連盟)が成すべきこととは

サッカーにおける様々な試合やルールを統括しているのが、FIFA(国際サッカー連盟)だ。
その名前にもある通り、国家間のサッカーを取り仕切るのが主な役割で、各国はこの連盟に属さなければ、国際大会を争うことができない。

重要な大会ではFIFAワールドカップがあり、FIFAが各国との調整を統括している。
他には国別でポイントを競う、FIFAランキング。世界年間最優秀選手に送られる、FIFAバロンドール。同じく年間(前年10月~当年9月)の間に決まった最も素晴らしいゴールに送られる、FIFAプスカシュ賞などもFIFA主導の下で取り仕切られている。
このような表彰などの意味合いでもFIFAの存在意義は大きく、世界のサッカー界の指標ともなっている。

そんなFIFAだが、2015年には会長にまで捜査の手が及ぶ一大汚職事件が起こった。この時にはワールドカップの開催国招致や会長選における、違法な献金疑惑が取り沙汰された。サッカー界のトップであるFIFAの疑惑に対し、多くの協会や選手が疑問を投げかけ、大問題となった。

これは至極当たり前のことだが、FIFAに限らず集団のトップ、ましてや連盟や協会はクリーンでなくてはならない。クリーンでない者の言葉に人々は耳を傾けない。ただ、傾けないようになると統括する者がいなくなるので、これはこれで困ったことになる。

FIFAはこの問題を経て、中長期計画を策定。各国のサッカー協会に資金提供を行うほか、女子サッカーの振興に努めるとしている。

揉めたらここに聞け!スポーツ仲裁裁判所のCAS

スポーツで揉めた際には、仲裁裁判所であるCAS(TASとも)が最終的な判断を下す。

サッカーにおいては、汚職における判決や、選手の違反行為に対する処分の裁量も扱う。ここでいう選手の違反行為というのは、試合中における暴言あるいは暴力行為に対する試合出場禁止処分などのことで、スポーツ仲裁裁判所に訴え出ることにより、その処分が軽減されることもある。

この他には、クラブ側が未成年の選手を不当に入団させた際に下された、補強禁止処分などの裁量もスポーツ仲裁裁判所が管轄することがある。

サッカー界をクリーンかつ公正に執り行っていくためには、FIFAなどと同様になくてはならない存在だ。

おすすめの記事