「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【がんばるんぞね!】愛媛県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 05:15
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛FCのお膝元である愛媛県は高校サッカーも盛んである。全国制覇経験のある古豪【愛媛県立南宇和高等学校】を筆頭に【松山工業高等学校】や【帝京第五高等学校】など、新しいサッカー強豪校が誕生している。愛媛県内でサッカー強豪校と呼ばれる5校を紹介していく。

全国制覇経験のある古豪【愛媛県立南宇和高等学校】

愛媛県立南宇和高等学校は、愛媛県の最南端に位置し、南宇和郡内で唯一の高校である。
サッカー部が有名で、Jリーグが開幕する前から全国的に強豪として知られ、全国大会で優勝した経験を持っている。 サッカー選手となり、その後国会議員にもなった友近聡朗氏や多くのJリーガーを多数輩出し、Jリーグの舞台で選手たちが活躍してきた。 近年は愛媛県内にもサッカーの強豪校が増えたことで簡単に全国大会に出場することができなくなったが、歴史と伝統を持つサッカー部は今でも強豪校として認められている。

発展途上中の強豪校【宇和島東高等学校】

愛媛県立宇和島東高等学校は、愛媛県宇和島市にある男女共学の公立校だ。 体育祭で男子が上半身裸になり体操を行う「思へば過ぎし」が有名である。野球も強く、全国的に強豪校として知られている。
プロ野球選手や大リーガーを輩出しており、サッカーより野球のイメージが強い高校だが、サッカー部も愛媛県内の強豪校として有名だ。
愛媛県内で勝ち上がれず県大会に進むことができなかった悔しい時期を越え、27年度には新人戦で優勝するなど、選手たちも成長している。

文武両道で知られる進学校【松山北高等学校】

愛媛県立松山北高等学校は、愛媛県松山市にある県立高校だ。 愛媛県内でも進学校として知られ文武両道を掲げる学校である。
生徒のほぼ100%が大学へ進学し、下着の色まで校則で決められている厳しい校風で有名だ。
サッカー部は強く、全国大会にも出場している。高校サッカー選手権大会への出場を重ね、愛媛県代表として戦うことも増えてきている。

野球や剣道が有名ながらサッカーも!【帝京第五高等学校】

帝京第五高等学校は、愛媛県大洲市にある私立の高校だ。 野球部が強いことで知られており、プロ野球選手を輩出している。 普通科、看護科、総合学科とあり、総合学科の中にはスポーツ系列コースが設けられている。
野球でこの高校に進学しようという選手が多いのだが、サッカー部も近年力を付けたことでサッカー関係者の目に留まる存在となった。 これからに注目の高校である。

現在県No.1の呼び声高い【松山工業高等学校】

愛媛県立松山工業高等学校は、愛媛県松山市にあり、通称「松工」と呼ばれ親しまれている。 サッカー部員は60名ほどが在籍しており、全国大会ベスト4まで勝ち上がった歴史を持っている。
2016インターハイ愛媛予選でライバル松山北高校にPK戦まで続く死闘を繰り広げ、勝利し、全国大会行きを決めるなど、今愛媛県内で一番注目されている高校サッカー強豪校なのだ。

まとめ

愛媛には愛媛FCというJリーグクラブもあり、サッカーが盛んな地域である。そんな愛媛県内で注目されている高校や選手たちが、これからの県内サッカーを盛り上げてくれるだろう。

関連記事

おすすめの記事