「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【お金だけじゃない?】サッカー選手の移籍の決め手を徹底解説!

2017 10/13 10:05dai06
サッカーボール、お金
このエントリーをはてなブックマークに追加

批判は覚悟の上!金銭面や待遇が良いから

プロのサッカー選手である以上、お金を稼がなくてはならない。これは当たり前だ。20世紀後半から、サッカー選手には非常に高額の給与が支払われるようになった。
リーグやクラブに舞い込む多額の放映権料は、選手の給与も向上させた。1年で数十億円を稼ぐような選手も当たり前のようにいる。そんな金銭面に惹かれる選手がいるのもまた事実だろう。

成長著しい中国のリーグには、欧州の名選手が何人も渡っている。エセキエル・ラベッシ選手、カルロス・テベス選手(以下、敬称略)、オスカル選手らがその筆頭だろうか。

一般的に中国のリーグは、欧州と比べるとどうしても見劣りがしてしまう。プレー面はもちろん、生活面でも不安を抱く選手は少なくない。
それでも欧州の選手が中国に渡るのは、金銭面などの待遇が良いからだ。テベスは1年で約50億円という給与を受け取る。クリスティアーノ・ロナウド選手が約30億円であるから、この金額がどれだけ凄まじいものであるは明らかだ。
もちろん、テベスが素晴らしい選手であることは疑いの余地はないが、30歳を超えた選手にこれだけの給与が支払われるのは驚くべきことだ。

しかし、多額の給与が約束されている移籍を受け入れた場合、避けて通れないのが批判だ。テベスの場合は自身を育てた古巣のボカ・ジュニアーズのサポーターから「裏切り者」といったレッテルを貼られてしまった。

出場機会やエースとしての地位が約束されるから

2017年の夏、サッカー界を揺るがしたのがネイマール選手(以下、敬称略)だろう。FCバルセロナ(以下、バルセロナ)にパリ・サンジェルマンFC(以下、PSG)が支払った金額は約290億円。この金額がこの夏の市場の選手の価格を底上げし、50億円規模以上の移籍が続発した。
「ネイマールにそれほどまでの金額がつけられるなら、うちの選手だってこれだけ高くても売れるだろう」、各クラブのフロントからはそんな意思が汲み取れる。

バルセロナの将来を背負い、リオネル・メッシ選手(以下、敬称略)らと世界最高峰の攻撃陣を築いていたネイマール。彼がそれでも移籍を決断したのは、なぜだろうか。
本人は「僕はいつも自分と家族の幸せを考えている。お金のためであれば他のことをやっているよ」と語り、あくまでも多額の給与が目当てではないことを強調した。どうやら彼は出場機会だけでなく、「エース」としての立場を求めたようだ。

バルセロナではどう転んでもメッシより上の地位を望むことはできないだろう。相性やコンディションはあるにせよ、「ネイマールとメッシどっちを出場させるか?空きは1つしかない」と言われれば、クラブの象徴であるメッシの方が重視される。極端に言えば、メッシが引退しない限り、ネイマールはバルセロナのエースになることができない。

だが、PSGではどうだろうか。国際舞台(CL)でのタイトルを渇望するPSGは、ネイマールを必ず重宝する。PSGにも優れた選手はいるのだが、ネイマールほどキャッチーで実力的にも素晴らしい選手はいない。バルセロナでは付けることできなかったであろう背番号10を背負い、ネイマールは新たな挑戦を手にした。

おすすめの記事