「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【あの頃の輝き】全国高等学校サッカー選手権大会から生まれたプロ選手

2017 10/13 10:05dai06
高校サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

第79回大会出場!長崎県立国見高等学校、大久保嘉人

大久保嘉人選手(以下、敬称略)は、長崎県立国見高等学校の選手として、第79回大会出場した。

大久保はこの大会で8得点を記録し、得点王に輝いている。どこからボールを蹴らせても、綺麗にコースに飛んでいく彼のゴールは、高校時代から一流の技だった。
しかもこの年(2000年)の国見高等学校は、国体、インターハイ、全国高等学校サッカー選手権の3つを優勝しており、高校3冠を成し遂げていた。その功績の裏には、間違いなく大久保の活躍があった。

2001年にはセレッソ大阪に入団。負傷もあり満足に出場機会を得られなかったが、翌年2002年には18得点と大活躍。チームのエースとなった。なお、その翌年である2003年にも16得点を挙げ、プロ入り後も高校時代と同じように得点力の高さを誇示した。

2006年にはスペインの名門であるRCDマヨルカ(マジョルカとも)に入団。スペインの変幻自在なサッカーにもついていき、監督から一定の信頼を得る。

2007年には日本に復帰し、ヴィッセル神戸、川崎フロンターレ、FC東京などでプレーしている。
非常にキャラクター性に富む大久保は、サッカー選手としてだけでなく、バラエティ番組などでも大人気だ。

第82回大会出場!長崎県立国見高等学校、平山相太

平山相太選手(以下、敬称略)は大久保と同じく、長崎県立国見高等学校の選手として、第82回大会に出場した。
国見高等学校のサッカー部は強豪として名高く、2007年までに同大会に連続で21回も出場している。

当時から体格の良かった平山は、得点だけでなく絶妙なポストプレーを披露。大会では優秀選手にも選ばれている。

2004年から多くのクラブのオファーを蹴って、筑波大学に進学。当時、この平山の選択にサッカー界がざわついたが、これは恩師である小峰氏の助言に従ったものだという。筑波大学に入ってからの平山は、大学サッカーに勤しみリーグ優勝も成し遂げている。
若くして日本代表にも度々招集されたものの、コンディションの調整が上手くいかずプレー時間は少なかった。

それでもオランダに活躍の場を移し、今度はその経験をバネにFC東京に入団。日本人離れした体格はやはり健在で、ピッチでの存在感は抜群だ。

2017年からはベガルタ仙台でプレーしている。

おすすめの記事