「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【これが答え】現代サッカーを解き明かす5つの戦術を徹底解説!

2018 1/4 10:05dai06
サッカー、黒板
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポゼッションサッカーか縦に速いサッカーか

現代サッカーの代名詞としては、「ポゼッションサッカーであること」がしばしば重要視されてきた。
これは2008-2012シーズンのジョゼップ・グアルディオラ監督(以下、敬称略)」が率いた、FCバルセロナ(以下、バルセロナ)の隆盛に由来する。当時のバルセロナはグアルディオラの下で平均ポゼッション率70%超えの試合を連発し、常にゲームをコントロールした。
相手のプレッシングをトライアングル状のパスワークでいなし続け、徐々に相手ゴールへと迫る。危ういと見れば一旦下げ、綻びをつくることができればそれを少しずつ詰めていく。そうしていくつものタイトルを獲得した。近年のバルセロナの黄金時代だった。
このバルセロナのポゼッションサッカーがトレンドとなり、多くのクラブが模倣したのだった。

しかし、グアルディオラのバルセロナほどの完成度に至るクラブはなく、やがてはバルセロナ自身も「縦に速いサッカー」を目指すようになった。
もちろんパスワークを軽視するようになったというわけではないが、一瞬の隙を見てカウンターを決めるクラブも増えた。

コンテが吹き込んだ新たな風!3バックシステム

アントニオ・コンテ監督(以下、敬称略)は、2016-17シーズンにチェルシーFC(以下、チェルシー)の監督に就任した。前シーズンをどん底の結果で終えていたチェルシーは、ユヴェントスFCやイタリア代表を率いたコンテに改革の全権を託した。

当初のコンテは、4-2-3-1のシステムを踏襲しようとしたが、チェルシーは9月末の時点でリーグ7位に沈んでしまう。この結果を受けコンテは吹っ切れたのか、自身がこれまで愛用してきた3バックシステムを採用。基本3-4-3のシステムは、守備時にWBの両翼が下がり、5バックにもなる。
チェルシーのWBにはヴィクター・モーゼス選手やマルコス・アロンソ選手ら運動量の豊富な選手がおり、攻守で躍動した。このコンテの采配でチェルシーは光を取り戻し、リーグを制したのだった。

チェルシーの3バックはシーズン中から大きな話題となり、プレミアリーグでは2017年4月時点で17ものクラブが採用した。おそらく今後も、各クラブはそれぞれの3バックのあり方を模索していくことだろう。

おすすめの記事