「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ええやん】香川県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 05:15
フィールドライン,サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

香川県のサッカーには「カマタマーレ讃岐」というJクラブが存在している。強豪大学も存在している地域なので、高校のサッカー強豪校も実は注目されているのだ。これからもっと注目されていく香川県のサッカー強豪校を5つ紹介しよう。

五輪代表候補輩出!【四国学院大学香川西高校】

四国学院大学香川西高校は、香川県三豊市にある私立高校だ。普通科には体育コースがあり、野球部とサッカー部が多く全国大会に出場している。香川県の強豪サッカー部といえば名を挙げられる強豪校だ。
多くのサッカー選手を輩出しており、川崎フロンターレの登里亨平選手は五輪代表候補となるなど、全国的に有名な選手でもある。香川県外からの入学者も多く、スポーツ推薦者も多いことで知られている。
全国大会の出場経験も多く、四国では注目されている高校だ。

公立高校でも強い!【高松商業高校】

香川県立高松商業高校は香川県高松市に所在する高湿の商業高校で、略称として「高商」と呼ばれている。野球の名門としても知られていますが、サッカー県内強豪高校といえる。インターハイや高校サッカー選手権へも出場回数多く、県予選でもいつも上位に位置している。
Jリーガーを輩出した歴史もあるサッカー部だ。他の強豪校に比べ公立校であることもあり、部員数はそこまで多くはないものの、常に実力あるチームに仕上がっている。

おすすめの記事