「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ぶち強い】山口県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 05:15
芝生,サッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

J3リーグに加入した「レノファ山口」は、山口県初のJリーグクラブである。将来の「レノファ山口」のスター選手になるであろう学生が日々山口県で練習に励んでいる。今回は山口県のサッカー強豪校に注目し、5校紹介していく。

15年連続選手権出場の記録を作った名門「高川学園」サッカー部

かつて「多々良学園」と呼ばれた高川学園は、防府市にある私立の中高一貫校だ。白井三津雄氏が監督を務めた2008年までの25年間で、「15年連続で選手権出場」という記録を樹立した。高校サッカー界の名将の一人に数えられている。
元日本代表の高松大樹(大分トリニータ)や中原貴之(アビスパ福岡)、碇野拓矢(レノファ山口)などが同校サッカー部出身で、Jリーグの舞台で活躍している。ここ最近はタイトルから遠ざかり気味だが、相変わらず全国から有能な選手たちが集まってくる名門であることに変わりはない。

文武両道を貫く古豪「山口」サッカー部

山口県立山口高校は、1870年創立の公立校。岸信介や安倍晋太郎、佐藤栄作などの政治家、国木田独歩や種田山頭火といった文化人が卒業生に名を連ねている、山口県随一の名門だ。
文武両道を貫く校風で、サッカー部は1988年から92年まで冬の全国選手権に「5年連続出場」という金字塔を打ち立てた。最後に冬の選手権に出場したのは2009年で、近年はそのパワーも陰りがち、という声も聞こえるが、冬の全国選手権出場回数は、高川学園に次ぐ19回と立派なもの。歴とした山口県高校サッカー界の古豪なのである。

おすすめの記事