「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ぼっけぇすげぇ】岡山県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
ドリブル練習
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

ファジアーノ岡山FCの本拠地である岡山県はサッカーが盛んな地域であり、プリンスリーグ中国には岡山県内から3チームが所属している。激戦区と呼んでも過言ではない岡山の熱戦を繰り広げるサッカー強豪校から話題になった学校、期待の新鋭まで5校、厳選して紹介していく。

岡山県・グリーンの常勝軍団「作陽」

作陽高校は、津山市に1930年に創立、1968年に男女共学となった私立校。サッカー部は岡山県随一の名門として知られており、Jリーグでプレーする選手を数多く輩出してきた。
ブラジルワールドカップに日本代表として出場した青山敏弘(サンフレッチェ広島)も、同校の卒業生の一人だ。インターハイ22回、選手権21回の出場を誇る、岡山県を引っ張るまさに「常勝軍団」。
鮮やかなグリーンのユニフォームは王者の風格を漂わせている。

強豪校ながらスーパーゴールで知名度が上昇した「玉野光南」

玉野光南は1984年に設立された公立校。野球部、ハンドボール部なども全国大会に出場する部活動がさかんな校風である。サッカー部も同じく、インターハイ9回、選手権8回出場の名門として、毎年有能な選手たちが集まっている。
また、昨年11月に作陽高校と対戦した選手権県予選決勝では、延長戦後半アディショナルタイムに決まったボレーシュートが話題になった。大舞台の緊迫した試合を決めるスーパーゴールで、日本のみならず世界中で報道され、大きな反響を呼んだ。

おすすめの記事