「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【熱いど!】兵庫県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
兵庫
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

サッカー王国と呼ばれるほど知名度が高く将来有望な選手が数多く揃う兵庫県。強豪各校にある特徴を紹介する。

岡崎慎司の母校、兵庫を代表する強豪校滝川第二高校

ワールドカップ日本代表の常連選抜選手である岡崎慎司をはじめ、数多くのJリーガーを輩出している兵庫県のサッカー強豪校と言えば、滝川第二高校だ。 2016年度も兵庫県の県総体では宿敵神戸弘陵高校を破り優勝。
また、兵庫県代表として幾多の出場経験を誇り、2011年の第89回全国大会では見事日本一にも輝いている。サッカー王国とも言われるほど、兵庫県の知名度を高めたのが滝川第二高校なのだ。

兵庫県を代表するサッカーエリート集団、神戸弘陵学園高校

昭和58年に設立された比較的若いサッカー部でありながら、全国高校サッカー選手権大会9回、インターハイ2回の出場経験を有する神戸弘陵学園高校。
強みは、ヴィッセル神戸のU-15やU-12のチームの他、兵庫県の強豪中学生サッカーチームとして全国的にその名を轟かせているイルソーレ小野に所属していた選手など、既に小学校や中学校時代からサッカーエリートだった選手が多数在籍していることだ。 いわば、兵庫県のエリートサッカー選手が集まるチームが神戸弘陵学園高校のサッカー部なのだ。

おすすめの記事